送る相手の好きな花でお祝いの花束をつくる

誕生日や記念日など様々なお祝い事に花束は付き物です。お祝いしたい相手に対して花束を贈るという人も多いでしょう。花束はプレゼントの中でも季節を問わず贈ることができ、お祝い事をさらに華やかな雰囲気にすることができます。またお祝いしたい気持ちが花束によって伝えることができ、贈られる側も年齢や性別を問わず誰でも幸せな気分になれることでしょう。最近では花屋さんに行かなくてもインターネットで購入することもできるようになりました。そのため忙しくてなかなか花屋さんに行くことができないという人でもインターネットを活用することでさらに手軽に花束を注文することができるようになりました。しかし花束を贈りたいと思った場合、どんな花束を贈ったらよいのか悩むという人も多いでしょう。どんな花束がそれぞれのお祝い事に適しているか知ることも大切です。

誕生日や新築祝いにあった花束の選び方とは

お祝い事で相手に花束を贈りたいとき、どんなシーンのお祝い事であるかによって花束を作ることが大切です。例えば誕生日や記念日のお祝いであれば、相手の好きな花を選んだり、バラやユリ、ガーベラなど人気のある花を選んだりする人が多いです。またカラフルな花束にすることで華やかな雰囲気を添えることができます。誕生日や記念日に関しては特にタブーはないため自由に選ぶことができますが、新築や開店、リニューアルオープンなどのお祝い事に関して、赤色の花は火事を連想させることから避けるべきであると言われています。また花瓶を持っていない場合もあるため、フラワーアレンジの鉢花を贈ることが一般的です。特に新築や開店等は胡蝶蘭の鉢花が人気を集めています。蘭は高級感があることでも広く知られているため、相手からも喜ばれることが多いです。

相手の好きな花をメインに花束をつくろう

お祝い事に花束を贈りたい場合、お祝い事にシーンに合わせて花束をつくるとよいでしょう。新築や開店等のお祝いに赤をさける他、長寿の祝いでもそれぞれの年齢に合わせて適した色があります。しかしやはり一番大切なのはお祝いしたい相手に、お祝いしたいという気持ちが伝わることです。やはり一番は相手の好きな花をメインに花束を作ることでより相手に喜んでもらえることが多いです。もし相手の好きな花がわからなかった場合、相手のイメージに合う色を考え、色から花束を作るという方法もよいでしょう。また花束は季節を感じられるものであるため、贈りたい季節に合わせた花束を作ることもできます。どうしてもどんな花束にしたらよいのかわからない場合は、花屋の店員にどんなお祝い事で贈りたいのかを話すとイメージに合わせた花束を作ってくれるため相談してみるとよいでしょう。