花の色を考えてお祝いにあった花束をつくる

皆さんも一度は花束をもらった経験があるのではないでしょうか。花束は卒業式などの行事やお祝い事があるときに活躍します。何かの転機には花束をもらうことがとても多いです。そんな花束は、もらえたらとても嬉しいものです。相手に喜んでもらいたくて花束のプレゼントを現在考えている人もいるのではないかと思います。しかし、実際に選ぶとしたらどのような花束にしたら良いか迷ってしまいます。良かれと思って選んでも、万が一相手に対して失礼なことになったら困ってしまいます。実は、花束選びにもタブーがあります。そのようなタブーはきちんと避けつつ、相手に喜ばれる花束を選びましょう。タブーを避け、素敵な花束を作ってプレゼントすれば喜んでもらえること間違いなしでしょう。今回は主にお祝い事で送る花束の選び方を紹介します。

お祝い事で送る花束を選ぶ際に避けたいタブー

お祝い事で花束を送る際、まずは注意しなければならないことがあります。それは、前述のように花束にはいくつかタブーがあるからです。普段は良くても時と場合によっては良くないとされる花もあるのでそこは注意しましょう。まず、縁起が悪いと言うことで花束には向いていないという花が何種類かあります。菊は仏花なので花束には推奨されていませんが、仏花のイメージは白と黄色なのでその他の色でしたら大丈夫との見解もあります。また、新築祝いに赤い花は火事を連想させて良くないとされています。紫陽花は色が移ろいやすいため、物事が安定しないことを連想させ縁起が悪いと言われています。また、白いカーネーションは故人を意味するので、母の日のプレゼントには注意しましょう。このようなタブーを念頭においた上で花束を選んでいきましょう。

お祝い事で喜ばれる花束を送るにはどうしたら良いか。

それでは,どのような花束がお祝い事の際に送ると喜ばれるのでしょうか。まずは、相手の好みに合わせることが大切です。相手の好みが分からない場合は花屋さんに相談するとその人のイメージで花束を作ってもらえます。また、喜ばれる花や色の組み合わせが分からない場合はその人のイメージで花束を作ってもいいでしょう。例えば、赤色だとエネルギッシュ、黄色だと健康的、青色だと知的なイメージを連想させます。自分をイメージした花束をもらえるのはとても嬉しいのではないでしょうか。また、花束をもらえるのは嬉しいものの持ち帰りが大変だと言うことはありませんか。最近では持ち帰りに配慮した花束も出ています。花束によっては持ち帰り後そのまま飾れるものも出ています。送った相手に喜ばれる素敵な花束を送りましょう。