喜ばれるお祝いの花束を選ぶ方法

親しい人やお世話になった人、身内の祝い事などにおめでたいことがあると、花束でのお祝いをしようと考える人は多いものです。花は自宅で作っている場合もありますし、街のお店でも身近に売っています。多くの種類があり、見た目も綺麗ですので、そこに気持ちも込めればお手軽な素晴らしい贈答品になるのでお勧めです。お祝いの気持ちを花束にすることで、大きな物から小さな物までアレンジができますし、手渡すのにも運びやすく、もらう側も受け取りやすいので、多くのお祝いのシチュエーションで活用をされています。人生での節目の時、お稽古や発表会などで渡す時、お店などが新しく開店する時に渡す時など、渡す場面も様々なシチュエーションがありますが、それに合う花束の種類を間違わずに選ぶことさえできれば、互いにとっても素敵な思い出の品となります。

花束はお祝いをする時のシチュエーションに適した物にする

新しく家を建てたり店舗を開店した時に花束を送る時には、避けなければいけない花を知っておくことです。赤色の花は火事や赤字を連想させますので、新築や開店のお祝いにこの色の花を使うことは避けなければいけません。花以外にも、ラッピングなども赤色が中心にならないような注意が必要です。会社など送別時に贈るような花は、新たな門出をお祝いする意味もありますので、応援する気持ちを込めて、なるべく明るい色の花束にして贈ります。もしも渡す相手の花の好みを知っているなら、それを中心にしたお花のアレンジをすると喜ばれます。お稽古や発表会の席で送る場合だと、他の方の目にもアピールできるような少し豪華な花束が喜ばれます。このようにシチュエーションによって贈る色合いや形や雰囲気を変えて、相手に喜ばれるようにするのが大切です。

花束をプロのアレンジで素敵なお祝いの品にするのもお勧め

贈る花の種類や色が決まった後には、花の状態もしっかりと目視でチェックをして花束を作ります。付け根がしっかりとしているかどうかや、茎が細くなっている箇所がないか、病気を持っていないかなどを見ながら、花の鮮度を確かめます。せっかくのお祝いの品ですから、なるべく日持ちのする丈夫な花を選びたいものです。またお花屋さんなどで花束にしてもらう時には、予算もしっかりと伝えて、贈るシチュエーションも詳しく言っておくと、最適なアレンジをいくつか教えてもらえたりします。男性が女性に贈る時や、花を贈ることに慣れていない人、初めて花束を作るときなどは、お花を扱うプロに素敵な花束をアレンジしてもらうのも良い方法です。今はSNSなどでも見栄えがするような素敵なアレンジだと、貰った側が写真をアップする時の素材としても喜ばれます。

市場仕入れでも産地直送でもない、フラワーズ・ドゥのオリジナルです。 社員の福利厚生、チェーン店の開店祝い、大規模施設などのスタンド花など、様々な用途でのご注文に対応しています。 海外からでも日本国内のお届けであれば、ご注文は可能です。 直営店舗やオンラインによる生花の販売をおこなっています。 花束でお祝いをするなら日本全国にお届け可能なFlowers-Do!